2016/02/03 11:04

節分の本日いかがおすごしでしょうか。

節分といえば豆まき。
昔はあちらこちらで豆をまく声が聞こえたものですが、最近はめっきりそんな声も聞かれなくなりました。
季節感が段々と薄れていくのは寂しい限りですが、昨今の住宅事情などを考えるとなかなか大声で豆をまけないのも仕方ないのかもしれません。
そんな我が家も大出に豆をまこうと思っても、後片付けが大変だからその辺でと、止められる始末。

そんな鬱憤を晴らすかのごとく、流行にのって恵方巻きなどという関東では聞きなれない巻物を、ほうばりたいとおもいます。
今年は南南東の方角だって?まずは方位から調べないといけないですね。
なんだかなんだか・・・

と小話はこの辺にして、本日は御取扱店のJunky様よりご注文頂きましたベルトポーチのご紹介。

素材はディアスキンなのですが、いままで弊社では使用したことの無かった、タンニンなめしのディアスキンを使用したポーチになります。

通常使用しているクロムなめしのディアと比べると少し吟面に腰があるかな?とい感じですが、その他の使用感はクロムの革と大差はありません。

さらにサドルレザーのようにナチュラルカラーはエイジングが楽しめるという事で、今後革の表情がどのように変わって行くか、その辺がクロムの革と違った楽しみ方のできる革になります。

また、タンニンのディアは染料が入る為、染料染めの色目を表現できる使い勝手の良い革になります。

そんなディアスキンを使用し出来上がったポーチがこちら。

巾着タイプのポーチでたばこが3個余裕で入る内容量と、マチ部にフリスクが入るポケットを付けて欲しいというオーダー内容でした。

巾着タイプのポーチに大き目のマチをつけ、ポーチの口の部分は四つ網のサドルレザー紐を通し開閉できるようになっています。

また、ポーチ背面は後にお客様の方でカナビラフックを通したいという事で簡単に取り外しのできるシャックル金具にサドルレザーを巻いて取り付けました。

お仕事中にも使用されるという事で、各パーツ十分な強度を待たせるために見えない部分も工夫したこちらのポーチ。

良き相棒になって頂けることを願っています。

という事でこの度はご注文誠に有難う御座いました。
本日はこの辺で、良い節分をお過ごしください。

  • Home
  • About
  • Blog